Memorial-service

霊園探しをしよう|相場を知っておくことが重要

お墓を建てる金額

相場を調べる

手を合わせる子供

神奈川の霊園でお墓を建てるには、どれくらい金額がかかるのでしょう。実は、お墓の相場というのは非常に難しく、はっきりと「いくらくらい」とは言えません。というのも、まず、墓地の区画の大きさによって使用料が変わってきますし、何より、墓石の価格というのはケースバイケースで大きく違うからです。お墓はデザインにより、使う石の量が変わってきます。また、同じデザインでも使う石材によって価格が違います。どういうデザインでどんな石を使うかというのはオーダーメイドですから、個々に条件が違ってくるのです。大手ポータルサイトの調査では、神奈川県の霊園でお墓を建てた人の費用総額の平均はおよそ200万円ですが、これはあくまで平均です。内訳を見てみると、100万円〜150万円でお墓を購入したという人がもっとも多くなっています。100万円未満でお墓を購入した人を合わせると、約4割が150万円以下でお墓を購入しています。このことから、予算としては150万円くらいかかると思っておいた方が良いでしょう。もちろん、それよりも安い神奈川の霊園はいくつもあります。ただ、価格を重視して霊園を選ぶとなると、自分の家から遠方の霊園であったり、墓石も建て売りタイプなど自由度が制限されてくることは考慮しなくてはなりません。逆に言えば、予算を先に決めておけばそれに合わせ、神奈川にある多くの霊園からお墓探しができるということです。自分が優先したい条件をふまえ、上手にお墓選びをしましょう。

アクセスの良さもポイント

お墓

全国には多くの霊園がありますが、神奈川でもそれは例外ではありません。実に多くの種類があるため、選択肢が狭くなってしまうということはないでしょう。特に人気を集める霊園は、最寄り駅から徒歩圏内の霊園です。神奈川は鉄道が充実しているため、ある程度遠い距離でも電車で移動することができます。そのことから電車利用者が多く、駅近の霊園が喜ばれている傾向にあるのです。また、霊園を確保している業者は神奈川県外でも多くの霊園を扱っているため、より多くの方のニーズに応えられるようになっているのです。実際に霊園を探す際には、そのタイプを知っておくと良いでしょう。霊園に設置されるお墓には大きく、和型と洋型という二つのタイプがあります。一般的には和型が多いですが、ここ最近では洋型のタイプも数を伸ばしてきています。縦に長いのが和型ですが、洋型は横に長くなっている点に特徴があります。霊園も、より良い施設を目指して多くの工夫が施されています。例えば、芝生が張られたタイプの霊園です。しっかりと手入れがされ、よりキレイな霊園となるのです。また、お墓とお墓の間にゆとりを持たせたタイプは、隣に気を遣いすぎずにゆっくり落ち着いた礼拝ができるとして好評です。更に、ペットを埋葬できるような取り組みも行なわれているのです。大切なペットと一緒になれるのは嬉しいことといえるでしょう。神奈川においてもこうした様々な施設がありますので、ご自身やご家族のニーズに合った施設を選択していきましょう。

個別と合同のお墓がある

線香

神奈川の霊園では個別の永代供養墓を用意するところも増えてきました。永代供養墓は、契約の時に一定の金額を支払えば毎年の管理費などの必要はありません。お墓のメンテナンスは霊園の管理事務所が行ってくれます。またお彼岸やお盆などには僧侶の読経による供養も行われます。永代供養墓は身内がいない人や、親族にお墓の面倒をかけたくないという人が利用することが多くなっています。神奈川の霊園では、個別のお墓でなく合同でお骨を埋葬する永代供養墓も用意してあります。これは個別にお墓を購入するよりかなり費用も抑えることができます。霊園でお墓を契約したあと、神奈川では一定期間後に合同の永代供養墓への埋葬に切り替える人も多くなってきています。それはお墓を守る親族が亡くなったり、高齢化してお参りが無理になることが多いからです。遺骨を永代供養墓に埋葬しなおしたあとは墓石を取り払い更地にします。その場合、最初に支払った敷地の永代使用料は戻りません。永代使用料は、霊園の敷地を借りるために払う費用で、ほかの人に売ることはできません。霊園を契約した時に、この点を誤解している人も多くなっています。契約書はきちんと確認して、お墓の撤去も正式な手続きに沿って行うことが大事です。霊園によっては夫婦やペットなどと一緒に埋葬できる永代供養墓を用意しているところもあります。長年一緒に暮らしているペットは飼い主にとっては子供のような存在です。神奈川ではそんなペットと一緒に埋葬されたいと考える人も多くなっています。