Memorial-service

霊園探しをしよう|相場を知っておくことが重要

お墓選びについて

家族でしっかり話し合おう

男性

最近では、核家族化が進んでいます。それにより、先祖代々のお墓を受け継いだ場合でも、なかなかお墓参りに行けないという事が珍しくありません。なので、神奈川では、永代供養をしてくれる霊園が注目されています。永代供養とは、霊園がお墓の管理や供養を行なってくれるものです。残された家族に負担を背負わせたくないと、生前に契約をする人も増えてきています。また、永代供養を行なってくれる霊園によっては、公園のように綺麗に整備されています。お子様連れや高齢者の方でもお参りしやすいように工夫されている点も魅力の1つでしょう。霊園によって費用は異なりますが、10万円程度供養を引き受けてくれる霊園もあります。神奈川にあるいくつかの霊園からパンフレットをもらって、費用や供養方法を比較してみると良いでしょう。しかし、実際に永代供養を依頼する場合には、気をつけたいことがありおます。それは、家族や親戚に永代供養をしてくれる霊園に依頼すると前もって話しておく必要があるということです。供養に関する考えは人それぞれ異なります。なので、事前に周囲に了承を得てから、契約をするようにしましょう。また、永代供養の場合、12年経過すると合祀される場合がほとんどです。合葬をすると会葬することが難しくなるので、会葬を考えている場合も避けた方がよいでしょう。神奈川の霊園によっては、最初から合祀することで費用が安くなったり、費用がかかるが33回忌以降に合祀することができたりする場合もあります。供養に関する考えを遺族でまとめ、神奈川の霊園を選択しましょう。

お墓を建てる上で気になる事

手を合わせる人

地方から東京や近郊の首都圏に住む人も増えてきています。それにより、新しくお墓を建てる計画の方もいれば、先祖代々のお墓を地方から移すという考えの方もいるでしょう。一般的にお墓の場合は、宗教や宗派による違いで、いくら家からの利便性が高い環境といっても、必ずしも建てる事が可能だとはいえません。稀に地方の場合にはお寺であっても、宗教に関係なくお墓を建てられるようなケースもあるようです。しかし、少なくとも東京や神奈川などの地域では、難しいと考えるのが一般的になっています。東京都内には少ないのですが、神奈川県や東京でも多摩地区などに行くと多くの霊園があります。霊園の場合は、基本的に宗教や宗派に関係なく利用をする事が可能なケースが多くなっています。神奈川県の霊園は、人口が比較的少ない地域に作られています。ですが、車でのアクセスが便利な場所にある事が多く、東京や他県からの利用者も多くなっているのが現状です。神奈川県の霊園の多くは、法事などの時にお経を読んでもらう僧侶に関しても、基本的に霊園と契約している僧侶がお経を読む事になります。そのため、お布施などの費用は、霊園で決められている金額をお布施として渡す事で済みますので、一般的な多額のお布施の請求やいくら包んで良いのかわからないというようなケースになる事はないといえます。また、宗教や宗派の管理も霊園の管理事務所で行っている事が基本なので、利用者は管理費を毎年支払う事で、細かい管理や墓石周辺の草刈りなども行ってくれる霊園が多数あります。

都会にも多くあります

墓地

故人の遺骨を収めるお墓が増えています。かつては都心から離れた場所に見られましたが、近ごろは神奈川でもお墓が多く見られるようになりました。特に人気が高いのが多くのお墓が集う霊園で、霊園を利用する人がここ数年増加しています。神奈川県内には都会でありながら多くの霊園があり、特長としてはまず立地の良さが挙げられます。神奈川県の霊園はどこも駅から徒歩圏内にあり、大変利用しやすいことが特長と言えます。また環境の良さも大きな特長です。お墓参りがしやすい平坦地でしかも参道は高級感ある石材を使用するなど、魅力的な環境となっています。さらに施設が充実している点も重要なポイントだといえます。休憩所やトイレ、供花販売所、ホールなどお墓参りをサポートする建物が多くあります。もちろん、無料の水場なども用意されているので、手ぶらでお墓参りに来ることができるのです。サービス内容としては、常に霊園内を綺麗にしている点が挙げられます。多くの霊園では清掃スタッフが常駐しており、清掃スタッフによる清掃によって利用しやすい環境が整えられています。また車椅子や雨傘を無料で貸し出すといったサービスもあります。特に霊園内は平坦地となっていますので、車椅子の利用もしやすくなっています。さらに駅から霊園までの無料送迎サービスも、お年寄りには大変人気があります。神奈川の多くの霊園では専用送迎車を所有しており、定期運行していますので予約も不要です。